ダイレクトメールにおすすめの透明封筒

      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒をダイレクトメールに使用する

透明封筒をダイレクトメールに使用する企業は年々多くなっていますが、その理由は透明封筒を使用することにより、消費者の反応が良くなり、企業の業績アップにつなげることができるからです。

ダイレクトメールを送る理由はいろいろな商品やサービスをお客様に購入してもらったり利用してもらうためで、ダイレクトメールを出す企業は、当然ダイレクトメールの内容を充実させるためにいろいろな工夫を凝らしています。

しかしどんなに良い出来栄えのダイレクトメールを送ったとしても、その中身を見てもらえなければ意味がありません。


中身を一見して確認させることができる

 

これまではダイレクトメールを送る時にはほとんどの企業は紙封筒を利用してきましたが、紙封筒の場合はどうしても外から中身が見えないため、開封してもらえないでそのまま捨てられてしまうことも多く、企業にとってはチャンスさえ与えてもらえないこともかなり多かったと予想されます。

しかし中身を一見して確認させることができる透明封筒をダイレクトメールに利用することで、一応中身にどのようなものが入っているかは消費者に伝えることができるため、表面を見て興味をそそることができるものを作れば、開封してもらえる可能性が高くなり、開封率を高めることができれば、売り上げもアップすることができると言われています。

さらにダイレクトメールに透明封筒を使用することにより、封筒1枚あたりの単価も郵送コストも落とすことができるので、その分も企業の利益に影響することになります。


掲載記事の参照元:http://www.jibrick.com/store/