ダイレクトメールにおすすめの透明封筒

      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒の製造工程について

透明封筒の製造工程は、それを製造する企業によって使用する機械も異なるため、正確にはいろいろ違いがありますが、一般的な製造工程は、機械に原料をセットして、次に作りたい透明封筒のサイズを入力して、最後にオプション加工などを施すようになっています。


透明封筒の原料になるフィルムは

 

透明封筒の原料になるフィルムは、大きなロール状になって製造工場に運び込まれます。

それはトイレットペーパーを大きくしたような形をしていて、それを透明封筒を製造する専用の機械にセットします。

透明封筒を製造する機械は特注で作られていて、発注者の希望に基づいて作られることになり、多機能で高性能なものになれば当然値段は高額となります。


作ることができる封筒の大きさ

 

機械に原料をセットしたら、次に縦、横、深さの寸法を入力する工程に移ります。

機械によって作ることができる封筒の大きさには幅があり、縦、横、深さ共に、一般的には数センチから数十センチに設定できるようになっています。

専用の機械は入力された数値通りに原料のフィルムをカットして接合部分をとめ、封筒の形に仕上げていきます。


オプション加工について

 

透明封筒には平袋、シール付きのもの、ヘッダー付もものなどいろいろな種類がありますが、1つの機械でどこまでの加工が行うことができるのかは異なっていて、多くのオプション加工ができる機械もあれば、オプション加工はそれ専用の機械で仕上げるという場合もあります。

透明封筒を製造する機械は、機能が少ないものでも相当高額になっているので、予算に合わせてどこまでのオプション加工ができるものにするのかを決めるようにしましょう。