ダイレクトメールにおすすめの透明封筒

      このエントリーをはてなブックマークに追加

ビニール封筒のメリット

ビニール封筒のメリットと言えば、やはり中に入れるものを一見して判別させることができるところです。

ビニール封筒とは透明で光沢のある袋のことで、ビニール封筒には市販のものでもたくさんのサイズを選んで購入することができるようになっていて、企業などで大量にビニール封筒を使用する場合は、オーダーメイドで作ることにより、自分たちの好きなサイズに仕上げることもできるようになっています。


OPP封筒を利用する場合

 

ビニール封筒は今ではいろいろな用途に使用されていて、主にビニール封筒は書類や商品を入れるものとして利用されていますが、書類を入れる場合は、そこに入れたものをすぐにお客さんなどに判別してもらえるようになり、また書類を仕分けする時には、自分たちが中身をすぐに判別することができるということで便利に利用されています。


コストを抑えて手に入れるには

 

カタログやパンフレットをそこに入れてお客さんに配布すれば、中にどのようなものが入っているのかを一見してお知らせできるようになり、さらに封筒に入れて渡すことにより、それをゴミとして捨てられてしまう確率を大幅に減少することができると言われています。

パンフレットやカタログを裸のまま街頭やイベントで配布すれば、受け取ってもらえたとしてもすぐにごみ箱行きとなってしまう場合も多いのですが、封筒に入れれば捨てにくくなり、それを自宅まで持ち返させることができるようになり、結果そこで紹介している商品などの購買率をアップさせることができるようになります。