ダイレクトメールにおすすめの透明封筒

      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒の特徴

透明封筒の特徴は、その名の通りに透明で中に入れた書類や商品などを一見して判別させることができるところですが、その他にも透明封筒にはいろいろな特徴があります。

透明封筒はビニール封筒やフィルム封筒やクリア封筒とも呼ばれていて、内側に水を通さないのが大きな特徴となっています。

透明封筒は防水性と防湿性にも優れていて、多少の水を被っても雨水がかかったとしても、きちんと封をしていれば、中身を汚すことなく保護できるようになっています。

また透明封筒に入れた商品を湿気からも守ることができるので、長い期間書類や商品を入れておいてもきちんと封をしていれば大丈夫です。

透明封筒は引っ張っても簡単に破れることはなく、耐熱性にも優れているので、商品を最後までキレイに保護できるようになっているところも大きな特徴になっています。


スタイリッシュな印刷も可能

 

透明封筒は紙封封筒とは違って、表面に印刷できないと思っている方も少なくはないようですが、透明封筒の表面には自由に印刷ができるようになっていて、それ自体に色付けをすることもできるようになっています。

そのため透明のままでは包装用の袋にするには見た目が安っぽいと感じている方もいるかもしれませんが、表面にスタイリッシュな印刷を施して、封筒の厚みを出せば、立派な梱包材として使用することもできるようになります。


このように透明封筒にはいろいろなメリットとなる特徴があるので、まだ透明封筒を上手く活用できていない方は、その特徴を活かして便利に利用してみてはいかがでしょうか?